現在の『洋食のTANTO屋』のメニューになってから、5年以上になると思いますが、それまでは試行錯誤の連続でした。


アラカルトメニューばかりの時もあったりしましたが、やはり、個人店ですのでメニュー数にも限界があります。


至るところに既製品をガンガン導入しているわけでもなく、自分が選んだ食材を手に入れて、手間をかけれるといったことにも個人店の良さがあらわれると思います。


いまは、セットメニューしかありませんので、アラカルトメニューもありません。


でも、当分はこのスタイルで作っていこうと思っています。



メニュー数が減ったのなら、仕事が楽になったというわけでもなく、結構やることがいっぱいあるといった感じです。


でも、自分が考えたことですので、だれにも文句は言えません。





世の中は激動の時代で、コモディティの面だけでも、色々な進化があります。


しかし、僕の仕事はある程度、時代変化の対応は必要なソフト面はあるにせよ、


生身の人間が食べる食事を作っているわけですので、健康面と美味しさを大切に考えながら作っていきたいと思っています。



22b6533d4b9bad0cd07a9c59204261c3_s.jpg