ウニ.jpg

ウニ(雲丹)について




ウニは、TANTO屋でも魚介類の中では頻繁に使用しています。

ご存知の通り、そのままでも十分美味しいですが、パスタに使用したり、旬の白身魚の上にウニを乗せてオーブンで焼いたり、魚介のグラタンにちらしたりしても、独特の美味しさを発揮してくれます。



ウニは、高価なものになればなるほど、へんなクセもなく、輸入物のどうしようもないミョウバンの苦みなどは、なくなります。


ウニを二つに分けるとするなら、赤色のウニと白色のウニに分けることができます。

味は、赤色の強いほうがしっかりしています。逆に、白いほうがさっぱりとした味をしています。

では、どちらのウニが美味しいのかと言いますと、比べる土台が曖昧なので、趣向次第ですが、ウニ独特の風味を味わうのでしたら、味の強い赤色のほうを選ぶべきです。 値段的にも、赤いほうが高いです。

ウニの産卵期は、春から初秋の間です。3月くらいになりますと、市場でちらほら見かけるようになってきます。



北海道のウニはやはり美味しいです。輸入物のウニは、形は良くても日本のウニよりかなり劣ります。



輸入物を食べると苦く感じるのは、先ほども申し上げましたが、ミョウバンです。
ですので、もし輸入物を購入されたのでしたら、早めに食べたほうが無難です。

ウニの粒は、小さいほうが味は良いです。

買うときは、型のこんもりとした、水っぽくないものを選んだほうが良いと思います。

とろけているもの、角のエッジがないものはダメです。
また、ウニの箱の裏を見て、ウニが染み出ているようなものも良くないです。





ウニに含まれる、本当のうま味とは!?

・・・・・・・・・・


ウニは、とくにビタミンAが豊富です。

抵抗力の向上や、皮膚や粘膜を強化
眼の働きを良くする作用
美肌効果
がん予防

これらの効果が期待できるとされています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ビタミンB1,B2 リン脂質、グルタミン酸も豊富です。

脳の健康を保つ効果があるとされています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウニのその他の効果

保湿効果
冷え性
強壮・強精作用
コレステロール値を下げる
アルコールを解毒する酵素が存在する。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まとめますと、ウニが好きな人は、健康面もバッチリな方も多いと思います。
晩酌までフォローしてくれるのですから、お酒のアテには最高ですね。