牛肉の部位.bmp


一言で、『牛肉』と言っても、色々な部位があります。
すべて覚えるのは大変ですが、最低限の部位を知っておくだけでも、約に立ちます。


定番の部位をご紹介しますので、是非一度、見てください。

ヒレ(ヘレ)
脂肪が少なめでやわらかく、きめ細かい肉質で、ステーキに用いられます。 
加熱しすぎると、せっかくの肉質が堅くなってしまうので、煮物などには不向きとされています。
和牛クラスになると、かなりの高価な部位です。



サーロイン
やわらかくて、ジューシーです。香りや味もバツグンで、カットしやすい部位ですので、ステーキなど、肉そのものの美味しさを味わう料理に最適です。


肩ロース
適度な脂肪があり、味も濃厚ですが、やや筋が多めです。そのため、薄切りにしてから販売されることが多いです。
スジが多い部位などは、固いのですが、その分、味がしっかりあるという傾向が強いです。


バラ
やや堅めですが、ジューシーで濃厚な味わいです。いわゆる「カルビ」と呼ばれる部位で、焼き肉に最適です。



リブロース
「霜降り肉」とも呼ばれる高級部位です。
柔らかく風味があるので、ステーキやローストビーフなどに良く合います。
サーロインと比べて、脂身が多くなります。


すね
筋が多く、堅めですが、ポトフなど、煮込みに使用すると、柔らくなって良いダシが出ます。



脂肪の少ない赤身肉です。味は濃厚で、ゼラチン質が多いため、カレーやシチューなどの煮込み料理に合います。