生水とは、熱を加えていない水の事を言います。『生水は飲まないほうが良い』と聞きますが、なぜ、飲まないほうが良いのでしょうか?


理由は、生水自体にはミネラル分がたくさん含まれていまが、それと一緒に体に悪い影響を及ぼす細菌も含まれている場合があるからです。



海外へ行く際に生水の危険性を訴えるのは、水から細菌感染して下痢などの病気にかかる恐れがあるからです。

体に良くない細菌を死滅させるには、水を煮沸して殺菌すれば安全な飲用水になりますが、同時にミネラル成分もなくなってしまいます。

ミネラル成分が失われた水は、水本来の美味しさはなくなってしまいます。






生水は、健康に良い




最近は、『生水は生きた水だから、健康に良い』という流れになってきています。


『煮沸した水は、安全です。』と主張することは、一昔前になりつつあります。



ミネラルウォーターの本場のヨーロッパでは、生水から栄養を補給する習慣があります。


日本でも海外のミネラルウォーターブームと共に広がってきました。




実は日本でも、一部の地域では、『雪解け水を飲むと若返る』といって飲まれていた歴史もあります。







生水を飲むポイント




生水を飲むときは、水質や成分を良く見極めてから口にしましょう。








日本国内で生水を飲む場合




日本では、寺社にある変若水(おちみず)や、名水100選に選ばれている場所などで飲むことができます。

ただし、場所によっては飲用を禁止していたり、持ち帰りを禁止しているところもあるので、そこはキッチリと守りましょう。








海外で生水を飲む場合



ヨーロッパなどに多くある名水は、生水で飲んでも心配はほとんどありません。

ですが、どんな成分が含まれているのか、自分の体に合うのか、良く見極めてから飲みましょう。



また、名水地以外の水は、できるだけ飲まないほうが無難です。

とにかく、海外で一番安全な水は、ペットボトルです。
なぜなら、現代でも、海外は日本とは違って、水道事情も良くないところがまだまだ多いので、気をつけましょう。







ペットボトルのラベルをチェックする



日本国内で売られている、海外の生水は、ラベルに『ナチュラルミネラルウォーター』と表示されています。
これの意味は、天然・自然のまま水をボトリングしたということです。
ですので、『ナチュラルミネラルウォーター』という言葉をチェックすれば、簡単に見分けがつきます。

しかし、日本で採取した水は、農林水産省の品質表示ガイドラインによると、加熱やろ過など、人工的に手を加えたものでなければ販売できない事になっています。






一番大切なのは、自分に合うかどうか



生水は、採水地によって成分や硬度、PH値(ペーハー値)がバラバラです。

ですので、ラベルの表示を見て、自分の体に合った水を選ぶことが、いちばん健康にもベストな選択です。







良い水の条件は、飲む人の健康状態にも影響しますが、



①ミネラル成分とそのバランス(硬度)が良い。
②水温
③不純物(炭酸など)が入っているかいないか




などがあげられます。




例えば、自然豊かな場所で飲む湧き水は、誰が飲んでも美味しいと感じます。それは環境のせいでもありますが、この3つの条件が満たされており、体が素直に喜ぶからです。これが、体にとって良い水だと言えます。



日本の水は軟水なので、日本人には軟水が合います。
ミネラルの多い硬水は人によっては美味しくないと感じるみたいですが、不思議なことに、慣れれば全く平気になります。


カテゴリ
タグ