96d1c69b39c114bcf11431096a127d1a_s.jpg



みかんには、ビタミンCが特に豊富に含まれています。

旬は、秋から冬にかけてです。味がのって、美味しいです。


みかんに多く含まれるビタミンCやPなどは、血管を強くしてくれる働きがあるので、血管の老化予防や出血の予防などにも役立ってくれます。

そして、胃液の分泌を促進してくれる働きもあるので、食欲を増進する作用もあります。

『なんだか最近、食欲がないんだよな。』という方にも、みかんがおススメです。


みかん独特のオレンジ色の色素は、『βークリプトキサンチン』という成分の色です。


βークリプトキサンチンという成分には、強力な発ガン抑制作用があるので、ガン予防に有効とされています。


果汁が多いのも特徴的で、体をクールダウンしてくれる作用があります。
発熱時などの水分補給に最適です。逆に冷え性の人が食べすぎると、冷えに拍車をかけてしまうので、要注意です。


また、みかんの皮には様々な効果があり、乾燥させた外皮は陳皮といって、生薬としても使われています。


※みかんの皮5個分をお風呂に入れて入浴すると、冷え性・神経痛・リウマチなどを改善する働きがあるとされています。


普段、普通に食べているみかんが、こんなに色々な効果を出しているんですね。

味覚にも、体にも美味しいみかんは、最高の果物です。